中期経営計畫(huà)

當社グループは、2022年3月期から2024年3月期までの三ヵ年を対象とする第3次中期経営計畫(huà)を策定いたしました。
當社は百年企業(yè)への歩みをテーマとして「人とプラスチックの調和した豊かな社會(huì )」の実現を目指します。

天馬グループ 長(cháng)期ビジョン

當社は百年企業(yè)への歩みをテーマとして「人とプラスチックの調和した豊かな社會(huì )」の実現を目指します。

天馬グループ 長(cháng)期ビジョン 図

第3次中期経営計畫(huà) 基本方針

第3次中期経営計畫(huà) (2022年3月期~2024年3月期)
【基本的な位置づけ 】 「目指す姿」達成に向けた“変革期間”

基本方針

1
サステナブル経営の推進(jìn)
  • 「サステナビリティ推進(jìn)室」 (2021 年 5 月新設) を中心に、
    E(環(huán)境)?S(社會(huì ))?G(統治)を重視したサステナブル経営を推進(jìn)
  • ビジョン実現に向けた活動(dòng)の指針として、SDGsが定める17の目標のうち、
    當社事業(yè)との関連性が深い6つの項目を選定し、全社的に活動(dòng)
SDGs 6つの項目

基本方針

2
成長(cháng)基盤(pán)の構築
  • 研究開(kāi)発および DX への 重點(diǎn)投資をはじめ、これまでの資金配分のあり方を根本的に見(jiàn)直し、
    天馬グループが長(cháng)期的に成長(cháng)していくための基盤(pán)構築に注力

第3次中期経営計畫(huà) 全社戦略

第3次中期経営計畫(huà) 全社戦略 第3次中期経営計畫(huà) 全社戦略

戦略1

人材への取り組み

競爭力の源泉である“人財”の活躍推進(jìn)を強化

1. 

多様な人財の登用に向けた取り組み

  • ダイバーシティの尊重:性別?年齢?國籍に関わらず全従業(yè)員が能力を発揮できる職場(chǎng)づくり
  • 人事?報酬制度改革:職能と責任の重さに応じた待遇?評価へ
  • 働き方改革:ライフステージに応じた?jì)Pき方の選択を可能に(テレワーク?フレックス制の導入など)
2. 

従業(yè)員満足度向上に向けた取り組み

  • 社員の労働環(huán)境?職場(chǎng)環(huán)境の改善?向上
  • 非正規社員を正社員に登用する制度の確立
  • 「天馬グループ」の企業(yè)ブランド価値向上(社員の帰屬意識やステータス向上)

戦略2

環(huán)境問(wèn)題への取り組み

樹(shù)脂成形のリーディングカンパニーとして、プラスチックの3R を推進(jìn)

  • プラスチックを、より有効に活用すべく、再生プラスチックの製品化を目指す
  • 當社製品への バイオプラスチック の活用を研究
3R 図

戦略3

ガバナンス強化

  • 任意の指名報酬委員會(huì )を 2020 年 11 月に 設置
    → より客観的な指名?報酬の決定プロセスを確保
  • 獨立社外取締役比率は最低3分の1以上 とし 、 更なる向上をはかる
    → 客観的かつ活発な取締役會(huì )の議論を行う
    → 透明性 、 および実効性の高い取締役會(huì )の実現
  • 內部統制室を新設し、以下を推進(jìn)
    → 海外子會(huì )社の統制強化 、規程の見(jiàn)直しと統一性の確保
  • IT投資による監査業(yè)務(wù)の効率化

戦略4

DXと自動(dòng)化の推進(jìn)

DX推進(jìn)によって業(yè)務(wù)効率化から新たなビジネス機會(huì )へとシフトする

1. 

生産と業(yè)務(wù)におけるデジタルシフトを積極に推進(jìn)

  • 全社的なインフラのデジタル化を進(jìn)め、業(yè)務(wù)効率化と蓄積するデータを用いた事業(yè)戦略を計畫(huà)?実行?評価することができる経営基盤(pán)を整える
  • 製品の組み立て、場(chǎng)內物流等の自動(dòng)化による、コスト競爭力の強化
2. 

自社製品のEC 戦略の強化とグローバル展開(kāi)

  • オンラインを積極的に活用し新製品のマーケティングを強化し、市場(chǎng)のニーズを的確に捉えた商品展開(kāi)を行う
  • EC 市場(chǎng)の成長(cháng)を見(jiàn)據え、 ITを活用した自社製品のグローバル展開(kāi)と商品開(kāi)発を行う
3. 

新規ビジネスの創(chuàng )出

  • レガシー 企業(yè)文化からの脫卻を図り、従來(lái)の裝置産業(yè)の枠組みに囚われない、新たな事業(yè)機會(huì ) に挑戦する。
  • ITを活用し、國內流通網(wǎng)やブランド認知力を梃子とした、新しいビジネスモデルの構築を目指す

戦略5

技術(shù)開(kāi)発の推進(jìn)

技術(shù)開(kāi)発に専念する「研究開(kāi)発室」 を、生産本部に新設(2021年5月)

「研究開(kāi)発室」の主な取り組み內容
  • 特殊成形技術(shù)、素材開(kāi)発技術(shù) を自社の要素技術(shù)として確立
  • 開(kāi)発部?営業(yè)部?技術(shù)部?経営企畫(huà)部と連攜 し、これからの市場(chǎng)に求められる機能を具現化するための技術(shù)を確立
  • 川上技術(shù)である素材や金型に関する研究活動(dòng) を推進(jìn)し、付加価値向上につなげる
  • 既存事業(yè)の付加価値向上に向け、 加飾成形技術(shù)やロボット活用技術(shù)の強化を推進(jìn)

戦略6

ビジネス領(lǐng)域の拡張

マーケティング戦略(戦略④)と技術(shù)開(kāi)発(戦略⑤)の推進(jìn)により、ビジネス領(lǐng)域を拡張
「営業(yè)企畫(huà)部」(2021 年 5 月新設) が主體となり、事業(yè)化を検討

  • 環(huán)境配慮型商材の開(kāi)発(バイオプラ等)
  • ハウスウエア分野での新領(lǐng)域參入
  • ハウスウエア事業(yè)のアセアン進(jìn)出
  • 金型製作技術(shù)獲得による 金型ビジネス の展開(kāi)
  • 物流資材?メディカル?ドローン?玩具などの 新規商材への挑戦など

第3次中期経営計畫(huà) 數値目標と経営指標

數値目標 第2次中期経営計畫(huà) 実績(jì) 第3次中期経営計畫(huà) 実績(jì)
2019/3 2020/3 2021/3 2022/3 2023/3 2024/3
売上高(百萬(wàn)円) 84,765 85,762 73,639 81,000 84,500 87,000
営業(yè)利益(百萬(wàn)円) 2,349 3,065 2,892 3,400 3,800 4,200
戦略費用控除後の営業(yè)利益(百萬(wàn)円) - - - 3,900 4,600 5,400
営業(yè)利益(%) 2.8 3.6 3.9 4.2 4.5 4.8
同【戦略費用除く】(%) - - - 4.8 5.4 6.2
  • 売上高
  • 売上高

中期経営計畫(huà)資料

激情国产av做激情国产爱,天天狠天天透天干天天怕∴,久久精品日日躁夜夜躁欧美